アラレちゃん音頭
テレビアニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」

アニメ音頭・盆踊り曲/作曲:菊池俊輔

『アラレちゃん音頭』は、1981年から1986年まで放送されたテレビアニメ「Dr.(ドクター)スランプ アラレちゃん」において、夏の時期にエンディング曲として流れたアニメ音頭・盆踊り曲

歌詞には主人公のアラレちゃんの口癖やセリフが盛り込まれているほか、「ペンギン村」、「ガッチャン」、「スッパマン」など、アラレちゃんに登場するキャラ名や地名も登場し、アニメの世界観が十分に反映されたアニメ音頭となっている。

アニメ版アラレちゃんは、関東地区で最高視聴率36.9%を記録し、「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」に次ぐテレビアニメの高視聴率番組となった(東海テレビでは40%とも)。

夏のエンディングテーマ曲『アラレちゃん音頭』も人気を博し、放送当時は子供向けの盆踊り曲として全国各地の夏祭り・盆踊り会場で実際の踊りに用いられる機会も多かったようだ。

作曲は「ドラえもん」シリーズの菊池俊輔

『アラレちゃん音頭』の作曲者は、『ドラえもんのうた』、『ぼくドラえもん』、『青い空はポケットさ』など、ドラえもんシリーズにおける数多くの主題歌・挿入歌を手掛けた菊池俊輔。

菊池氏が手掛けたアニメ系音頭は、『アラレちゃん音頭』以外にも、『ドラえもん音頭』、『ハットリくん音頭』、『Qちゃん音頭』、『ドタコン音頭』、『ロボコン音頭』などがあり、おそらく彼を超える「アニメ音頭」作曲家はいないのではないかと思われる。

関連ページ

アニメ音頭 アニメ系盆踊りの曲
『ドラえもん音頭』、『パーマン音頭』、『アンパンマン音頭』など、アニメのエンディングで流れた音頭・盆踊りの歌特集
夏祭りの歌・盆踊りの曲 解説と視聴
『東京音頭』、『炭坑節 たんこうぶし』、『河内音頭 かわちおんど』など、有名な盆踊りの名曲特集