ケロロ軍曹の地球(ペコポン)侵略音頭

アニメ音頭・盆踊りの曲/作詞:ダンス☆マン

『ケロロ軍曹の地球(ペコポン)侵略音頭』(ケロロ音頭)は、テレビアニメ「ケロロ軍曹」で2004年8月から9月にかけて放送された夏のエンディングテーマ曲。

ケロロ軍曹 ケロロソング、全部入りであります!

「音頭」と銘打たれたゆったりとした盆踊り調の楽曲で、歌詞でも「ボンダンス(盆踊り)」と連呼されていることから、夏祭りなどの盆踊り会場で流れてもおかしくはないが、歌詞のところどころに若干ブラックユーモアを感じる不穏なキーワードが紛れ込んでいるため、一般の町内会などで流すには一抹の不安を感じざるを得ない。

2006年8月に東京都千代田区の日比谷公園で開催された「GTF日比谷2006アニメフェスタ」では、アニメ系盆踊り曲を集めた「アニメ盆踊り」イベントが催され、アニメ「ケロロ軍曹」を代表して『地球(ペコポン)侵略音頭』が盆踊り曲として新振り付けなどが披露された。

なぜこの曲だけ「ケロロ軍曹」名義なのか?

作詞は、同じくエンディングテーマ『アフロ軍曹』を手掛けた「ダンス☆マン」(本人役でアニメにも登場)。作曲者に関しては、なぜかこの『地球(ペコポン)侵略音頭』だけが明らかにされておらず、ただ「作曲:ケロロ軍曹、編曲:宇宙音楽研究会」と記されるのみとなっている。

念のためにJASRACデータベースでも『地球(ペコポン)侵略音頭』を検索してみたが、本当に作曲者の欄には「ケロロ軍曹」と登録されていて筆者も若干の驚きを感じた。他の主題歌やエンディング曲はすべて作曲者が明らかになっているのに、なぜこの音頭だけが「ケロロ軍曹」とされているのか?複雑な大人の事情なのか?壮大な宇宙の意思なのか?謎は深まるばかりだ。