小公女セーラ 主題歌・テーマ曲

テレビアニメ「世界名作劇場」/歌:下成佐登子(しもなり さとこ/1961-)

「小公女セーラ」は、1985年に放送された世界名作劇場テレビアニメ作品。寄宿学校での執拗なまでの悪意に苦しむ主人公セーラの過酷な生活が描かれる異色の名作アニメ作品。

主人公セーラ・クルー役の声優は、映画ルパン三世「カリオストロの城」クラリス、ジブリ映画「風の谷のナウシカ」ナウシカ、アニメ「めぞん一刻」音無響子などを演じた島本須美。

私だって泣こうと思ったら…

「小公女セーラ」主題歌・オープニングテーマは、作詞:なかにし礼、作曲:森田公一による切ない名曲『花のささやき』。

「私だって泣こうと思ったら 声をあげていつでも泣けるけど」のサビの歌詞にあるように、過酷な運命に翻弄される主人公セーラの身を切るような辛い心境が切々と歌いこまれている。

エンディングも辛い曲

エンディングテーマ曲は、オープニングと同じく「花」をモチーフにした楽曲『ひまわり』。「弱虫は庭に咲くひまわりに笑われる どんな時も太陽を見つめてる」というサビの歌詞が、過酷な現実に気丈にふるまう小公女セーラの残酷な人生が見え隠れしているようで、聴いていて正直つらい。

シリアスなオープニング曲と本編のストーリーが続いたら、エンディング曲ぐらいは多少明るめの曲で痛んだ心を慰めて欲しいものだが、この『ひまわり』も結構シリアス。最初から最後まで心が休まる時がない。

ちなみに、オープニング・エンディング両曲を歌っていたのは、NHKみんなのうた『赤い帽子』、「ひみつのアッコちゃん」(第3期)主題歌などで知られる女性歌手・下成佐登子(しもなり さとこ/1961-)。

【試聴】小公女セーラ 花のささやき

【試聴】小公女セーラ ひまわり