大映ドラマ 主題歌・テーマ曲

80年代に人気を博した大映テレビ制作ドラマ

80年代に全盛を極めた大映テレビ制作のドラマ、いわゆる大映ドラマの主題歌・テーマ曲を特集。

全体を通して大映ドラマの主題歌を振り返ってみると、主に海外の映画・洋画主題歌や洋楽のヒット曲が日本人アーティストにカバーされ、そのまま日本の大映ドラマの主題歌とされる傾向にあったようだ。

どの曲も、放送当時絶大な人気を集めていた大映ドラマのオープニングで印象的に用いられていたため、曲を少し聴くだけで当時の記憶が鮮やかによみがえり、懐かしさを感じる方もきっと多い事だろう。

スチュワーデス物語
主演:堀ちえみ
日本航空のスチュワーデス訓練生が一人前のスチュワーデスになるまでの苦闘の日々を描く
主題歌:
映画『フラッシュダンス』より
『ホワット・ア・フィーリング Flashdance... What a Feeling』
不良少女とよばれて
主演:伊藤麻衣子
原作は舞楽者である原笙子(はらしょうこ)の自伝的小説
主題歌:
映画『フットルース』挿入歌 『Never』(ネヴァー)
スクール・ウォーズ
主演:山下真司
原作は京都市立伏見工業高等学校ラグビー部と監督の山口良治がモデルとなった小説『落ちこぼれ軍団の奇跡』
主題歌:
映画『フットルース』挿入歌
ボニー・タイラー 『Holding Out for a Hero』
乳姉妹(ちきょうだい)
主演:伊藤かずえ、渡辺桂子
漁師の家に生まれた千鶴子と富豪の娘として生まれたしのぶは、ある日不運にも取り違えられ、気付かれないまま別々の家庭で育てられてしまう。
主題歌:
ボン・ジョヴィ 『RUNAWAY(夜明けのランナウェイ)』
スタア誕生
主演:堀ちえみ
長野県の高校で演劇部に在籍する少女が心臓を患いながらもスターを目指す姿を描いた青春ストーリー
主題歌:
パット・ベネター 『Heartbreaker』(ハート・ブレイカー)
花嫁衣裳は誰が着る
主演:堀ちえみ
父親を知らない少女がデザイナーを目指して数々の苦難を乗り越え成功し幸せをつかむ
主題歌:
オリビア・ニュートン・ジョン 『Have You Never Been Mellow』
ヤヌスの鏡
主演:杉浦幸
二重人格の女子高生が過去のトラウマをきっかけに乱暴な別人格に豹変し大暴れするサスペンス調の学園ドラマ
主題歌:
映画「ストリート・オブ・ファイヤー」挿入歌
ファイヤー・インク 『Tonight Is What It Means to Be Young』

主題歌となった洋楽一覧

ヒーロー Holding Out For A Hero
フットルース挿入歌、ドラマ「スクールウォーズ」主題歌としてカバーされた
フラッシュダンス:ホワット・ア・フィーリング
フラッシュダンス主題歌、ドラマ「スチュワーデス物語」主題歌
今夜は青春 Tonight Is What It Means to Be Young
ストリート・オブ・ファイヤー、ドラマ「ヤヌスの鏡」主題歌
ハートブレイカー Heartbreaker パット・ベネター
4年連続グラミー賞受賞の実力派女性ロックシンガー パット・べネター
Runaway 夜明けのランナウェイ
夜明けのランナウェイ ~アメリカよりも日本で人気?!~
ネヴァー NEVER
フットルース挿入歌。ドラマ「不良少女と呼ばれて」主題歌としてもカバーされた。
Have You Never Been Mellow そよ風の誘惑
日本では80年代大映テレビドラマの主題歌としても有名に