Let It Go(レット・イット・ゴー)
ディズニー映画「アナと雪の女王」主題歌

歌:イディナ・メンゼル、松たか子、デミ・ロヴァート、May J.

『Let It Go』(レット・イット・ゴー)は、2013年に公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」(原題:Frozen)主題歌。劇中ではアナの姉・エルサが王国を離れて氷の宮殿を建てるシーンで挿入歌としても歌われる。

ブロードウェイのミュージカル女優イディナ・メンゼル(Idina Menzel/1971-)の歌声(声域)を念頭に置いて作曲された。2014年3月の第86回アカデミー賞授賞式ではイディナ・メンゼル本人が『Let It Go』を熱唱している(アカデミー歌曲賞を受賞)。

アナと雪の女王 MovieNEX [Blu-ray]

【楽天ブックス】アナと雪の女王 MovieNEX (ブルーレイ+DVD+デジタルコピ...

イディナ・メンゼル版 Let It Go

主題歌が映画のストーリーすら変えてしまった?

当初、映画「アナと雪の女王」の脚本では、魔法の力を持つエルサは悪役的な位置付けで描写されていたようだが、ドラマチックな主題歌『Let It Go』(レット・イット・ゴー)が完成し、その圧倒的な存在感を前にすると、監督や脚本はエルサを主人公クラスの扱いとするよう演出やストーリーの手直しを余儀なくされたという。

『Let It Go』は、アメリカの女優・歌手デミ・ロヴァート(Demetria Devonne "Demi" Lovato/1992-)によりカバーされたほか、吹き替えの声優を担当した日本の女優・松たか子版や、エンドロール(エンディング)で流れたMay J.(メイ・ジェイ)版、その他全世界41の言語に翻訳された。

デミ・ロヴァート版 Let It Go

松たか子版 Let It Go

また、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、日本語など、エルサ役を演じた世界中の女優22人が『Let It Go』をメドレー形式で歌う25か国語版のミュージックビデオもYouTubeなどで動画が公開されている

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

【試聴】「アナと雪の女王」主題歌『Let It Go』松たか子

【試聴】May J.「Let It Go~ありのままで(エンドソング)」

関連ページ

「アナと雪の女王」オープニングの原曲
北欧ラップランドのサーミ人によるヨイクと賛美歌
ディズニー映画主題歌・テーマ曲・サントラ
アナと雪の女王、シンデレラ、美女と野獣など、ディズニーアニメ映画の主題歌や挿入歌まとめ