「Disney's クリスマス・キャロル」でカンヌに雪

ディズニー映画/カンヌ国際映画祭

2009年11月に全世界で公開となる新作ディズニー映画『Disney's クリスマス・キャロル』のプロモーションで、カンヌ国際映画祭の一角が雪のホワイト・カーペットで彩られた。

映画『Disney's クリスマス・キャロル』の監督は、『フォレスト・ガンプ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどを手がけたロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis/1952-)。

同作は、ゼメキス監督が得意とするモーションキャプチャー技術を駆使した3DCG作品となるようだ。

モーションキャプチャーとは?

モーションキャプチャーとは、俳優の顔や体に無数のチップを取り付けて動きをコンピュータに取り込み、そのデータを基にCG化を進める映像技術。

主演は、『マスク』、『トゥルーマン・ショー』、『ライアー ライアー』などで知られるカナダ出身の俳優ジム・キャリー(Jim Carrey/1962-)。

果たして本作はクリスマスシーズンの大きな話題作となるか。ディズニーらしいほのぼのとした温かいストーリー展開を期待したい。

【関連ページ】 クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!