ミッキーマウスの声優 W・オルウィンが他界

3代目声優 W・オルウィン(Wayne Allwine/1977-2009)

ミッキーマウスの3代目声優を30年以上務めていたW・オルウィンが2009年5月18日、糖尿病によりロサンゼルスのUCLAメディカル・センターで亡くなった。享年62歳。

ミッキーマウスの声と言えば、初代はウォルト・ディズニー、2代目(1947-)はジミー・マクドナルドJimmy MacDonald (1947?1977)が担当しており、3代目のW・オルウィンは2代目の弟子にあたる。

W・オルウィン(Wayne Allwine/1977-2009)は、1966年にディズニーへ入社。最初は同社のメールルームが仕事場だったが、後にサウンドエフェクト(効果音)担当となり、その流れで声優もこなすようになったようだ。

それにしても、ドラえもんやルパン三世などもそうだが、長年なじんできた声優さんが変わってしまうのはちょっと寂しい。

今までのキャラのイメージが崩れてしまわないよう、「ミッキーらしい」声優さんが新たに引き継いでくれることを心から願いつつ、W・オルウィンのご冥福をお祈りしたい。

ちなみに、ミッキーマウスの恋人「ミニーマウス」の声は、W・オルウィンの妻ルシー・テイラー(Russi Taylor/1944-)が担当している(1991年にハワイで結婚)。

また、日本版ミッキーの声優は、東京成徳大学の日本伝統文化学科で教授を務める青柳 隆志(あおやぎ たかし/1961-)。専門は漢詩文の朗詠。