ジッパディードゥーダー
Zip-a-Dee-Doo-Dah

ディズニー映画「南部の唄 SONG OF THE SOUTH」挿入歌

『Zip-a-Dee-Doo-Dah(ジッパ・ディー・ドゥー・ダー)』は、1946年に公開された実写とアニメーションからなるディズニー映画『南部の唄(SONG OF THE SOUTH)』の挿入歌。

様々なカバーやアレンジが存在し、ディズニー関連のテーマパークやアトラクション、イベント、ショーなどで頻繁に使用されている。

Disney BEST 日本語版 (2枚組ALBUM) ダウンロード版(試聴あり)

『南部の唄』って何?

『南部の唄(SONG OF THE SOUTH)』では、南部の農場を舞台に、白人の少年ジョニーと黒人のリーマスおじさんの心のふれあいが描かれている。

1947年度のアカデミー賞では、"ZIP A DEE DOO DAH"がアカデミー歌曲賞(the Academy Award for Best Original Song.)を、リーマスおじさんを演じたジェームズ・バスケット(James Baskett)が特別賞を受賞した。

スプラッシュマウンテンのテーマだった?

カルフォルニアのディズニーランドとフロリダディズニーワールドのマジック・キングダムおよび東京ディズニーランドでは、『南部の唄(SONG OF THE SOUTH)』を題材にしたアトラクション「スプラッシュマウンテン」が設置されている。

東京ディズニーランドの最寄り駅である京葉線の舞浜駅では、発車メロディーとして、『小さな世界』とセットで『Zip-a-Dee-Doo-Dah』を編集したメロディが使われている。

ちなみに、『南部の唄(SONG OF THE SOUTH)』は、後に黒人の描写が問題となり、アメリカでは1986年以降ディズニー側の自主規制により一度も再公開されておらず、ビデオも一度も発売されていない。

【試聴】ジッパ・ディー・ドゥー・ダー Zip-a-Dee-Doo-Dah

関連ページ

ディズニー映画主題歌・テーマ曲・サントラ
アナと雪の女王、シンデレラ、美女と野獣など、ディズニーアニメ映画の主題歌や挿入歌まとめ