善光寺の本堂がスプレーで落書き被害に

オリンピック関連ニュース・トピックス[2008/04/20]

北京オリンピックの聖火リレーのスタート地点から辞退を発表した長野市の善光寺で、国宝に指定されている本堂が、20日朝、何者かによってスプレーで落書きされる被害にあったようだ。

器物損壊などの疑いで警察も動き出しているようだが、犯人の特定は容易ではないだろう。

26日の長野市での聖火リレー本番では、某掲示板サイトで善光寺の放火予告までされているという。もし善光寺の一部にでも火の手が上がるようなことがあれば一大事だ。

日本の国宝が無残にもスプレーで傷付けられた。6箇所も。なぜ聖火リレー絡みで日本の文化財が傷付けられなければならないのか?こんなに世界中で反対を受けている「平和の祭典」なんて、どれほどの意味があるのだろうか?胸が締め付けられる思いだ。

【試聴】善光寺が聖火リレーを辞退、リレーをやる意義はある?