走れ歌謡曲 オープニングテーマ曲
『口笛天国 I Was Kaiser Bill's Batman』

文化放送ラジオ番組「日野ミッドナイトグラフィティ」

『走れ歌謡曲』は、1968年11月から半世紀近く続く文化放送の音楽・トークラジオ番組。スポンサーの日野自動車の名を冠した「日野ミッドナイトグラフィティ」などのサブタイトルと合わせて呼称される。

曲のジャンルは従来演歌専門だったが、時代の変化に伴いJ-POPなどの歌謡曲を幅広く流すようになった。それに合わせ、パーソナリティも従来多かった演歌歌手だけでなく、伊藤 美裕(いとう みゆ/1987-)などのポップス寄りの歌謡曲を歌う女性歌手が選ばれるケースが見られるようになった。

ちなみに、TBSラジオで似たコンセプトの音楽ラジオ番組「いすゞ歌うヘッドライト」がかつて放送されており、演歌からJ-POPまで幅広い選曲がなされていたが、『走れ歌謡曲』の方針転換に合わせるかのように、逆に演歌専門ラジオ番組と変わっていったという興味深い動きがあった。

オープニング曲は?

『走れ歌謡曲』オープニングテーマ曲は、イギリスで1967年にリリースされたコミックソング『口笛天国』。原曲のタイトルは『I Was Kaiser Bill's Batman』(アイ・ワzう・カイザー・ビルズ・バットマン)。

「Batman バットマン」とは、アメコミの某ヒーローのことではなく、軍隊を率いる将校の荷物運びなどをした付き人を指している。「Kaiser Bill」とは、おそらくドイツ皇帝ヴィルヘルム2世をモチーフにした架空の人名だろう。

なお、『走れ歌謡曲』では一時期ポール・モーリア・グランドオーケストラ演奏による『青春に乾杯』がオープニング音楽として使われていた。同曲は時間調整のために現在でも番組内で流されることがある。

【試聴】走れ歌謡曲のオープニング