お話でてこい 主題歌・テーマ曲

NHKラジオ童話朗読番組/学校の校内放送でも定番

「お話でてこい」は、1954年からNHKラジオで放送されている保育園・幼稚園・小学校低学年向け朗読番組。かつて小学校の授業や給食の時間などに校内放送でよく流された人気のラジオ番組。

おとえほん 日本昔話【1】語り 南 果歩・音楽 守時 タツミ

「はだかの王様」や「花さかじいさん」、「うさぎとかめ」、「浦島太郎」。「金の斧 銀の斧」など、日本や世界の有名な童話やおとぎ話を、佐野浅夫、香椎くに子、藤田淑子などのベテラン俳優・女優たちが優しく朗読していく。

オープニングテーマ曲を調べてみると?

番組オープニングで流れる「♪出~てこい でてこい でてこい ドンドコドン♪」というシンプルでユニークなテーマ曲・主題歌が印象的で、大人になった今でもこの曲だけはよく覚えているという方も少なくないだろう。

この「お話でてこい」テーマ曲・主題歌については、NHK公式ページを見ても詳しい情報が掲載されていなかったため、筆者はJASRACのデータベース検索サービスを使って、作曲者などの情報が得られるか調べてみた。

ラジオ体操第1の服部正が作曲?

すると出てきたのが、作詞:平塚 武二、作曲:服部 正という断片的な情報。服部 正(はっとり ただし/1908-2008)と言えば、今日知られるNHK「ラジオ体操第1」の作曲者として有名な作曲家。平塚武二は横浜出身の児童文学作家のようだ。

服部氏によるキャッチーなメロディもさることながら、「お話出てこい ドンドコ ドンドコ 出てこいこい♪」というシンプルで親しみやすい歌詞も、児童文学作家ならではの言葉選びのセンスが感じられ、子供向け番組の主題歌として短い曲ながら非常によくできたテーマ曲だと改めて感心されられた。NHKはこういう特徴的な番組音楽を用意するのが非常にうまい。