So Deep Is The Night
ショパン「別れの曲」カバー

浅田真央/2007-2008 EX エキシビション使用曲

ソー・ディープ・イズ・ザ・ナイト

ショパン『別れの曲』のポップスカバー曲「So Deep Is the Night ソー・ディープ・イズ・ザ・ナイト」。

同曲は、女子フィギュアスケート浅田真央(あさだ・まお)選手の2007-2008シーズンにおけるエキシビション(EX)で使用された。

レスリー・ギャレットとは?

カバーしたのは、イギリス国立歌劇場のソプラノ歌手レスリー・ギャレット(Lesley Garrett/1955-)。

ロンドンの英国王立音楽院(Royal Academy of Music)を卒業後、イギリス国立歌劇場のソプラノ歌手として、オペラ『フィガロの結婚』、ヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ『こうもり』などの作品を通して、その実力が広く知られるようになった。

レスリー・ギャレット(Lesley Garrett)の歌う「So Deep Is the Night」は、コンピレーションアルバム「ソー・ディープ・イズ・ザ・ナイト」(右上の青いジャケット)に収録されている(試聴あり)

なお、ショパンのその他の有名な作品については、こちらのサイトの特集「ショパンの有名な曲 解説と視聴」を参照されたい。

【試聴】Lesley Garrett - So Deep Is The Night

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ