カルロス・ガルデル『ポル・ウナ・カベサ』
Carlos Gardel - Por Una Cabeza

浅田真央/2008-2009 EX エキシビション使用曲

映画「Scent Of A Woman」サントラ

アルゼンチンの人気歌手カルロス・ガルデルによる1935年のタンゴ『ポル・ウナ・カベサ(カベーサ)Por Una Cabeza』。

曲名の意味は「首一つの差で」。歌詞では、恋の駆け引きにわずかの差で敗れた男の心境が描かれている。

フィギュアスケート使用曲としては、浅田真央(あさだ・まお)選手の2008-2009年シーズンにおけるエキシビションで用いられた。

映画サントラとしても人気

映画のサウンドトラックとしても人気が高く、アル・パチーノ主演による「セント・オブ・ウーマン Scent Of A Woman」(1992年)、「シンドラーのリスト」(1993年)、シュワルツネッガー主演の「トゥルーライズ」(1994年)など、名作映画のサントラとして印象的に用いられている。

テレビドラマでは、「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」第37話、「CSI:ニューヨーク シーズン4」第5話、「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア シーズン5」第18話などで『Por Una Cabeza』が使われた。

なお、タンゴのその他の有名な曲については、こちらのサイトのラテン音楽特集ページ「タンゴとは? タンゴの有名な曲 解説と視聴」を参照されたい。

【試聴】Carlos Gardel - Por Una Cabeza

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ