ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」
Khachaturian - Masquerade

浅田真央/2008-2009 FS フリー/2009-2010 SP ショート

ハチャトゥリャン: 管弦楽作品集

「仮面舞踏会」は、グルジア出身のアルメニア人音楽家アラム・ハチャトゥリアンの作曲した管弦楽のための組曲(当初は劇音楽)。ミハイル・レールモントフの戯曲「仮面舞踏会」をモチーフとしている。

その中の1曲「ワルツ」は、フィギュアスケート浅田真央(あさだ・まお)選手の2008-2009年フリー、2009-2010年ショートプログラムで使用され、日本でも知名度が高まった。

組曲「仮面舞踏会」は1944年にハチャトゥリアン自身が選曲・再編成して編曲したもので、ワルツ、ノクターン、マズルカ、 ロマンス、ギャロップの5曲から構成されている。

他のスケート選手も採用

中でも1曲目の「ワルツ」は突出した人気を博し、スケート選手では過去にアイスダンスのフリーで、アンジェリカ・クリロワ・オレグ・オフシアンニコフ組、オクサナ・ドムニナ・マキシム・シャバリン組が使用したほか、織田信成選手が2008-2009年シーズンのショート・プログラムで使用している。

日本のポピュラー音楽の世界では、平原綾香が2009年にリリースしたアルバム「my Classics!」の中で、ワルツのメロディに日本語歌詞をつけて歌っている。

なお、ハチャトゥリアンのその他の有名な曲・代表作については、こちらのサイトの特集「ハチャトゥリアンの有名な曲 解説と視聴」を参照されたい。

浅田 舞 & 真央 2009-10

【試聴】ハチャトリアン作曲 仮面舞踏会より「ワルツ」

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ