ショパン『ノクターン(夜想曲)』

浅田真央/ソチ五輪 2013-2014 ショート SP 使用曲

ショパン:夜想曲全集

浅田真央選手の2013-2014シーズン新プログラム(ソチ五輪使用曲)がアイスショー「THE ICE(ザ・アイス)」記者会見上で公表された。

ショートプログラム(SP)曲は、フレデリック・ショパン『ノクターン(夜想曲)』。具体的にどのノクターンが用いられるかは明らかではないが、おそらく複数のノクターンが組み合わされて使用されるのだろう。

なお、ショパン『ノクターン第2番』は、浅田真央選手の2006-2007シーズンにおけるショートプログラムで使用されている。

このページでは、第21番まで存在するショパン『ノクターン』から、特に有名な作品を参考までに簡単に紹介しておくこととする。

有名なノクターン作品(ショパン)

ショパン『ノクターン第2番』

最も有名なノクターン作品の一つ。ピアノ製作会社プレイエル社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに献呈された。1956年のアメリカ映画「愛情物語 The Eddy Duchin Story」でアレンジ版が印象的に用いられた。

ショパン『ノクターン第20番』(遺作)

姉ルドヴィカ・ショパンの練習用に書かれた。映画「戦場のピアニスト」でも演奏され、ヴァイオリン編曲版もよく知られている。

ショパン『ノクターン第21番』(遺作)

ショパンの死後、89年経った1938年に出版された。最晩年の作とされる。

浅田真央選手とショパン

ちなみに、浅田真央選手が過去に用いたショパンの曲としては、エキシビションで使われたショパン『ワルツ第7番』ショパン『バラード第1番』、2007-2008 シーズンのショパン『幻想即興曲』(フリー)などがある。

その他のショパン代表曲については、こちらの特集ページ「ショパンの有名な曲 解説と視聴」を適宜参照されたい。

浅田真央 スケーティング・ミュージック 2013-14

ショパン・ノクターン集(演奏:ルービンシュタイン)

【試聴】フジコ・ヘミング ショパン『ノクターン第2番』

【試聴】フジコ・ヘミング ショパン『ノクターン第20番』

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ