ショパン『ノクターン第2番』
Chopin - Nocturne No.2

浅田真央/2006-2007 SP ショート使用曲

ショパン:夜想曲全集 演奏:アシュケナージ

フレデリック・ショパンがその生涯で全21曲を残した「ノクターン 夜想曲(やそうきょく)」。

中でも有名なのが、1832年に出版された「夜想曲 第2番 変ホ長調」(作品9-2)。ピアノ会社プレイエル社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに献呈された。

同曲は、女子フィギュアスケート浅田真央(あさだ・まお)選手の2006-2007シーズンにおけるショートプログラム(SP)で使われている。

アレンジ曲『To Love Again』にも

「夜想曲 第2番」は、アカデミー賞4部門にノミネートされた映画「愛情物語 The Eddy Duchin Story」(1956年)サントラでも使用され、アメリカのピアニスト、カーメン・キャバレロ(Carmen Cavallaro/1913-1989)によるアレンジ『To Love Again トゥー・ラブ・アゲイン』は当時大きな注目を集めた。

ショパンによるその他の有名なノクターン作品、その他の代表曲については、こちらのサイトの特集「フレデリック・ショパンの有名な曲 解説と視聴」を参照されたい。

【試聴】To Love Again トゥー・ラブ・アゲイン

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ