踊るリッツの夜 Puttin' On the Ritz

浅田真央/2015-2016 EX エキシビション使用曲

『踊るリッツの夜 Puttin' On the Ritz』は、アメリカの作曲家アーヴィング・バーリン(Irving Berlin/1888–1989)が作曲したポピュラーソング、ジャズ・ナンバー。1930年の同名のミュージカルで使われた。

アーヴィング・バーリンの作品としては、『踊るリッツの夜 Puttin' On the Ritz』のほか、クリスマスソング『ホワイト・クリスマス』、アメリカ愛国歌『ゴッド・ブレス・アメリカ God Bless America』も有名。

写真:ロンドンのリッツ・ホテル(リッツ・ロンドン)

フィギュアスケート女子シングルの浅田真央選手は、2015-2016シーズンのエキシビション(EX)使用曲として、この『踊るリッツの夜 Puttin' On the Ritz』を採用した。

浅田真央 スケーティング・ミュージック 2015-16(DVD付)

同シーズンのショートプログラム曲『素敵なあなた』も同じくジャズ・ナンバーからの選曲だが、これは2016 世界フィギュアスケート選手権の開催地が、ジャズが盛んなボストンであることを意識したものと思われる。

関連ページ:ボストンとジャズ Boston and jazz

リッツ・ホテルと曲名の意味

『踊るリッツの夜 Puttin' On the Ritz』の「リッツ the Ritz」とは、ヨーロッパ各地の高級ホテル「リッツ・ホテル」と関連性がある。

ロンドンのリッツ・ホテルは、開業以来一流のインテリアとサービスで評判となり、各国の著名人、知識階級、富裕層、貴族らが続々と訪れた。

リッツ・ホテルには、当時としては厳格なドレスコード(服装規定)があり、男性にはジャケットとネクタイ、革靴の着用が求められた。

このことから、「Puttin' On the Ritz」というフレーズは、「スタイリッシュに着飾る」、「おしゃれにドレスアップする」といった意味を持つスラング(俗語)として使われるようになった。

YouTube動画

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
フィギュアスケート女子シングル浅田真央選手のプログラム使用曲特集
2016 世界フィギュアスケート選手権
2016年3月にアメリカ・マサチューセッツ州北東部のボストン(下写真)で開催されるフィギュアスケートの国際大会

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ