チャイコフスキー『白鳥の湖』
Tchaikovsky - Swan Lake

浅田真央/2012-2013 FS フリー使用曲

チャイコフスキー:白鳥の湖(全曲)

ロシアの作曲家チャイコフスキーが手掛けた3大バレエ音楽の一角、『白鳥の湖 Swan Lake』。

1877年に初演されて以来、クラシックバレエの名作として世界的な知名度を獲得し、日本のフィギュアスケートのプログラムでも過去に何度となく使用されてきた同曲が、浅田真央選手の2012-2013シーズン フリー(FS)で使用された(振付:タチアナ・タラソワ)。

過去に『白鳥の湖 Swan Lake』が日本のフィギュアスケートで使用された例としては、近年では安藤美姫 2001-2002シーズン フリー、村主 章枝 2002-2003シーズン フリー、荒川 静香 2003-2004シーズン ショートプログラムなどが記憶に新しい。

銀盤の上を白鳥のように美しく優雅に舞うフィギュアスケートの音楽としては、古典的ではあるが外れのない永遠の定番曲と言えるだろう。

チャイコフスキー3大バレエ音楽

ちなみに、チャイコフスキー3大バレエ音楽の残りの2曲は、これも世界的に有名な『眠れる森の美女』と『くるみ割り人形』。後者の曲は、浅田真央選手の2005-2006シーズン フリーで使用されている。

チャイコフスキー作曲によるその他の有名な曲については、こちらの特集ページ「チャイコフスキーの有名な曲 解説と視聴」を是非ご参照いただきたい。

また、バレエ音楽や作品のあらすじ・ストーリーに興味のある方は、特集「有名なバレエ音楽・バレエ作品 解説と視聴」がオススメ。

チャイコフスキー『白鳥の湖 Swan Lake』

【試聴】Ballet "Swan Lake" (excerpts), Op. 20

関連ページ

浅田真央 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの浅田真央がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ