センバツ春の高校野球
入場行進曲 歴代一覧

選抜高等学校野球大会/春の甲子園

「春の甲子園」や「春の高校野球」として、高校球児たちが毎年熱い戦いを繰り広げる高野連主催の選抜高等学校野球大会(通称センバツ)。

この春の大会では、毎年入場行進曲として、前年のヒット曲(主にJ-POP)の行進曲アレンジ版が用いられ、マスコミなどで季節の話題として取り上げられている。

取り上げられる曲の内容としては、「もしドラ」主題歌や「ROOKIES ルーキーズ」主題歌などの高校野球に関連するものから、まったく関連性のない楽曲まで、様々な曲が幅広く柔軟に入場行進曲として取り入れられているようだ。

このページでは、センバツ春の高校野球における歴代の入場行進曲について一覧化しリストアップすることで、簡単にその歴史を振り返ってみたい。

歴代入場行進曲一覧 2000年以降 新しい順

恋するフォーチュンクッキー AKB48
2014年(第86回)入場行進曲。AKB48の曲が用いられるのは2012年以来2回目。「CDの出荷枚数が182万枚を超え、若い世代だけでなく幅広い年代に親しまれており、シンプルではつらつとしたメロディーも球春を告げる選抜大会の入場行進曲にふさわしいと判断」されたようだ。
花は咲く NHKチャリティソング
2013年(第85回)入場行進曲。震災復興支援プロジェクトの一環として作曲された。作詞:岩井俊二、作曲:菅野よう子。
Everyday、カチューシャ / AKB48
2012年(第84回)入場行進曲。映画もしドラ主題歌(「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」)。
ありがとう / いきものがかり
2011年(第83回)入場行進曲。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」主題歌。第61回NHK紅白歌合戦において、同ドラマのヒロインを演じた松下奈緒が紅組司会を務め、いきものがかり『ありがとう』も紅組で披露された。
My Best Of My Life / Superfly
2010年(第82回)入場行進曲。Superfly(スーパーフライ)7枚目のシングル。フジテレビ系ドラマ「BOSS ボス」主題歌。タイトルには「ベストを尽くす」の意味が込められている。
キセキ / GReeeeN
2009年(第81回)入場行進曲。GReeeeN(グリーン)通算7枚目のシングル。高校野球に関連するドラマ「ROOKIES ルーキーズ」主題歌。
蕾(つぼみ)/ コブクロ
2008年(第80回)入場行進曲。ドラマ「東京タワー ?オカンとボクと、時々、オトン?」主題歌(書下ろし)。第49回日本レコード大賞受賞曲。着うた配信で300万ダウンロードを記録した(邦楽では初)。
宙船(そらふね)/ TOKIO
2007年(第79回)入場行進曲。長瀬智也主演のドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」主題歌。中島みゆきから楽曲提供を受けた。
青春アミーゴ / 修二と彰
2006年(第78回)入場行進曲。亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久(NEWS・当時)の二人によるアイドルデュオ。ドラマ「野ブタ。をプロデュース」主題歌。
君こそスターだ / サザンオールスターズ
2005年(第77回)入場行進曲。TOYOTAによる2004年アテネオリンピック応援ソング。
世界に一つだけの花 / SMAP
2004年(第76回)入場行進曲。作詞・作曲:槇原敬之。ドラマ「僕の生きる道」主題歌。2003年「第54回NHK紅白歌合戦」で大トリの曲として歌われた。
大きな古時計 / 平井堅
2003年(第75回)入場行進曲。原曲は19世紀アメリカ歌曲『Grandfather's Clock』。『大きな古時計』誕生秘話・歌詞の意味はこちら
明日があるさ / 坂本九、ウルフルズ、Re:Japan
2002年(第74回)入場行進曲。1963年リリースの坂本九による代表曲。2000年に缶コーヒー「GEORGIA ジョージア」CMソングとしてリバイバルヒット。2001年には、カバーしたウルフルズと吉本芸人ユニット「Re:Japan」が共演でNHK紅白歌合戦へ出場した。
ビートルズメドレーなど
2001年(第73回)入場行進曲。ビートルズ『イエスタデイ』、『ヘイ・ジュード』、『オブラディ・オブラダ』、サザンオールスターズ『TSUNAMI』のメドレー。
First Love / 宇多田ヒカル
2000年(第72回)入場行進曲。1999年のリリース当時、宇多田ヒカルはまだ17歳。「たばこ」という歌詞が使われているなど、高校野球関連曲としての採用を反対する声もあったようだ。

【試聴】2013年 センバツ入場行進曲『花は咲く』

関連ページ

高校野球・プロ野球の有名な曲・応援歌
『栄冠は君に輝く』、『燃えよドラゴンズ』、『六甲おろし』など、野球関連の有名な曲・応援歌・球団歌まとめ