Wild Thing ワイルド・シング
映画「メジャーリーグ」サントラ

作曲(原曲):チップ・テイラー(Chip Taylor/1940-)

『Wild Thing ワイルド・シング』は、ニューヨーク出身のシンガーソングライター チップ・テイラー(Chip Taylor/1940-)による1965年リリースのヒット曲。

1989年のアメリカ映画「メジャーリーグ」では、ロサンゼルスのパンクパンド「X(エックス)」によるカバー版が使用された。

映画「メジャーリーグ」は、実在するメジャーリーグのチーム「クリーブランド・インディアンス」がモデルとなっている。

上ジャケット画像は、映画「メジャーリーグ」サントラ(輸入盤)

近眼ピッチャー リッキーの愛称は?

チャーリー・シーン演じる近眼のピッチャー「リッキー・ボーン」の愛称は、ワイルド・シング(Wild Thing)。背番号の「99」は、剛速球(99マイル=約160km/h)を暗示している。

ニューヨーク・ヤンキースとのプレーオフ戦、リッキーの登板シーンで流れる『Wild Thing ワイルド・シング』は最高にカッコイイ。

Wild Thing - Devil Doll(映画で使用されたカバー盤)

【試聴】ワイルド・シング Wild Thing

【試聴】映画「メジャーリーグ」

関連ページ

高校野球・プロ野球の有名な曲・応援歌
『栄冠は君に輝く』、『燃えよドラゴンズ』、『六甲おろし』など、野球関連の有名な曲・応援歌・球団歌まとめ