ドリフの有名な歌・テーマ曲

テレビ番組 テーマ曲/1970~80年代

1970年代から80年代にかけて活躍したお笑いグループ・音楽バンド「ザ・ドリフターズ The Drifters」。このページでは、ドリフがテレビ番組「8時だョ!全員集合」などで生み出した有名な歌・主なテーマ曲をまとめている。

主に音楽的な観点から、特に人気の高かったコミックソングやテーマ曲、コーナーBGMや流行語・お笑いネタなどを、元ネタ・原曲の情報なども合わせてまとめている。

8時だョ!全員集合 オープニングテーマ

北海道の民謡『北海盆唄』のメロディにのせて、半纏を着たドリフメンバーが「♪エンヤー コーラヤット ドッコイジャンジャンコーラヤ♪」と賑やかにオープニングを飾った「8時だョ!全員集合」。

冒頭に観客席から「全員集合!」の掛け声があるが、なんといかりや長介本人が観客に対して掛け声の指導・打ち合わせを行っていたそうだ。

いい湯だな/ドリフのビバノン音頭

「♪ババンババンバンバン(ア ビバノンノン)♪」の囃子言葉で有名な『ドリフのビバノン音頭』。「8時だョ!全員集合」エンディング曲として長年使用された。

ドリフがカバーした『いい湯だな』の替え歌となっており、原曲は男性ボーカルグループのデューク・エイセスによる同名の楽曲。作詞:永六輔、作曲:いずみたく。

加藤茶が「お風呂入れよ」「歯磨けよ」など子供たちに掛け声をかけるが、これはスポンサーのライオンに配慮したものだという。

別番組の「ドリフ大爆笑」エンディングでは、『ドリフのビバノン音頭』をさらに替え歌して『さよならするのはつらいけど』として歌われた。

ドリフのほんとにほんとにご苦労さん

「いやじゃありませんか花子さん♪」が歌い出しの替え歌ソング『ドリフのほんとにほんとにご苦労さん』。当初は「8時だョ!全員集合」オープニングで使われていた時期もあった。原曲は1939年の戦時歌謡『ほんとにほんとに御苦労ね』

ちなみに、「オレたちひょうきん族」で明石家さんまが演じていたキャラクター「パーデンネン」は、その登場BGM(出囃子/ジングル)として、『ドリフのほんとにほんとにご苦労さん』歌い出しの歌詞を「アホじゃあーりませんよ パーでんねん♪」と替え歌で歌っていた。

東村山音頭

出身が東京都東村山市の志村けんは、東村山町農協が制作したご当地ソング『東村山音頭』をカバー。「8時だョ!全員集合」の名物コーナー「少年少女合唱隊」にて披露し人気を博した。

東村山市の知名度を高めた功績が認められ、志村けんは当時の東村山市長から感謝状を授与されている。ちなみに原曲の『東村山音頭』は『ちゃっきり節』のオマージュか。

ヒゲダンスBGM『ヒゲのテーマ』

「8時だョ!全員集合」コントコーナーで、黒の燕尾服に付け髭の加藤茶と志村けんが踊ったヒゲダンス。

軽快なBGM『ヒゲのテーマ』原曲は、アメリカのR&B歌手テディ・ペンダーグラス(Teddy Pendergrass/1950-2010)による1979年リリースの3rdアルバム「Teddy」中の楽曲『Do Me』。ベースラインの一部が引用された。

Do Me - Teddy Pendergrass

ドリフの早口ことば

ウィルソン・ピケット(Wilson Pickett/1941-2006)のヒット曲『Don't Knock My Love』のベースラインに乗せて、ドリフ聖歌隊が早口言葉を披露していく名物コーナー。

ちなみに同曲は、フレディ・ハバード(Freddie Hubbard/1938-2008)の楽曲『Windjammer』のリフともよく似ている。

Don't Knock My Love - Wilson Pickett

Windjammer - Freddie Hubbard

加藤茶のストリップ・コントBGM曲

加藤茶による「ちょっとだけよ~あんたも好きねえ」のコントでは、マンボ作品で有名なペレス・プラード楽団による1957年の楽曲『タブー Taboo』がBGMに使われている。

Taboo - ペレス・プラード

ドリフのズンドコ節

戦時流行歌『海軍小唄』をカバーしたコミックソング『ドリフのズンドコ節』。同曲のカバーとしては、氷川きよしによる『きよしのズンドコ節』、アニメ「ドラえもん」のジャイアン(剛田武)による『たけしのズンドコ節』などが有名。

盆回り/コント終了時のBGM

「8時だョ!全員集合」コント終了時の舞台転換時に流れていたBGM『盆周り』。舞台を回転させるターンテーブルから命名された。

作曲にあたっては、ハチャトゥリアン『剣の舞』オッフェンバック『天国と地獄』などのオペラ作品の楽曲が参考にされたという。

最初はグー

志村けんと仲本工事によるじゃんけん決闘から日本中へ広まった「最初はグー」。もともとはドリフメンバーが居酒屋で支払いをジャンケンで決める際の掛け声だったそうだ。

やがて「♪最初はグー、またまたグー、いかりや長介、頭がパー、正義は勝つ、ジャンケンポン♪」などと発展していった。

カラスの勝手でしょ/童謡『七つの子』替え歌

志村けんが童謡『七つの子』を「カラス なぜ鳴くの カラスの勝手でしょ〜♪」と替え歌した流行語。笑福亭鶴光のラジオ番組「鶴光のオールナイトニッポン」での替え歌コーナーがオリジナルとする説もあるようだ。

「飛べ!孫悟空」挿入歌『ゴー・ウエスト』

「西遊記」をモチーフとしたドリフのテレビ人形劇「飛べ!孫悟空」では、「♪ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンが三蔵♪」のフレーズで有名なカントリー調の『ゴー・ウエスト』が挿入歌として人気を博した。

ドリフ大爆笑のテーマ

「♪ド・ド・ドリフの大爆笑♪」でおなじみの『ドリフ大爆笑のテーマ』。原曲は戦時歌謡の『隣組(となりぐみ)』

同曲のカバーとしては、サントリーウイスキー「トリス」CMソング(出演:吉高由里子)、「♪メンメンメガネの良いメガネ♪」が歌い出しのメガネドラッグ企業テーマソング、戦中の広島を舞台にしたアニメ映画「この世界の片隅に」挿入歌(歌:コトリンゴ)などが有名。

関連ページ

オレたちひょうきん族の有名な歌・テーマ曲
ドリフと同時期の人気バラエティ番組「オレたちひょうきん族」から生まれた有名なコミックソングやキャラクターソング、テーマ曲まとめ。
テレビ番組 テーマ曲・コーナーBGM
人気のテレビ番組で流れたテーマ曲・BGMに関する音楽情報まとめ