ライオンのごきげんよう テーマ曲・音楽・BGM
薬師丸ひろ子「ハード・デイズ・ラグ」など

フジテレビ系 トークバラエティ番組/司会:小堺一機

小堺一機が司会のトークバラエティ番組「ライオンのごきげんよう」は、2010年12月に放送20周年を迎えたお昼の人気長寿番組。放送回数は2011年6月で5,000回を超え、現在もその記録を伸ばし続けている。

「ごきげんよう」サイコロトーク20周年記念DVD ~なにが出るかな~

このページでは、「ライオンのごきげんよう」のオープニングやエンディング、その他番組内で使われたテーマ曲やコーナーBGM・スポット的に流れる音楽について、その曲名やアーティスト名など関連する情報を簡単にまとめていきたい。

番組テーマ曲・音楽あれこれ

オープニングテーマ曲『マンボのビート』

「ライオンのごきげんよう」番組オープニングテーマ曲としては、東京パノラママンボボーイズ『マンボのビート』が長年使われ、マンボの軽快でエネルギッシュなリズムが番組のオープニングを力強く演出していた。

サイコロを振るときの音楽

トークの話題を決めるため、司会の小堺一機が「何が出るかな 何が出るかな♪」と大きなサイコロを振るときに流れる音楽は、薬師丸ひろ子「ハード・デイズ・ラグ」アウトロ(曲が終わる部分)のメロディを抜粋した曲が使われている。

同曲は、1986年にリリースされた薬師丸ひろ子9枚目のシングル『紳士同盟』の2曲目に収録されたカップリング曲。同シングル盤は、薬師丸ひろ子が主演した映画「紳士同盟」主題歌を収めたシングルとして発売され、12万枚近いセールスを記録した。

サイコロで当たり目が出た時の音楽

サイコロで当たり目が出ると、ハガキの抽選で視聴者へライオン製品がプレゼントされる演出があるが、この時に「オメデトーオメデトー!」の掛け声と共に流れる音楽は、アニメ「クマのプー太郎」オープニングテーマ曲『たいたいづくし』(曲なしのカラオケ)。原曲の歌詞も非常におめでたい内容で、祭囃子のような底抜けに明るいテーマ曲が、当たり目が出た幸運な瞬間を大いに盛り上げている。

エンディング曲あれこれ

「ライオンのごきげんよう」エンディング曲は定期的に変更されるので、長期間にわたって固定的に使われ続けているテーマ曲はないが、参考までに、過去にエンディングで流れた曲をいくつかリストアップしておくこととしたい。

  • SALSA 私はピアノ(オルケスタ・デ・ラ・ルス)
  • アメリカン・バイ・リミックス(マドンナ)
  • 名前のない馬(アメリカ)
  • TAKE IT EASY(イーグルス)
  • 地の果てまでも(キャロル・キング)
  • Good-Bye Yellow Brick Road(エルトン・ジョン)
  • No More Lonely Night(ポール・マッカートニー)
  • hard to say I'm sorry(シカゴ)
  • My Sweet Load(ジョージ・ハリスン)

【試聴】薬師丸ひろ子 ハードデイズ ラグ

【試聴】マンボのビート / 東京パノラマ マンボ ボーイズ